評判は税理士にもあります 2019年1月30日

評判の良し悪しは重要です。
大事な事ほど評判は見ないといけません。
評判を気にしないというのは良くないです。
経理や税務などのお金関係は会社にとって重要な事です。
会社を経営しているのにお金の事が大事ではないというのはあり得ないです。
お金は大事ですけど、ちゃんとした使い方をする事が大切です。
まともな使い方をされないと世間から評価されません。
どんな職種でもお金はちゃんと使ってこそ人から評価されます。
他人から評価されなくても良いと思っている人はいますが、職種によっては他人からの評価が重要です。
税理士は他人から評価されないとダメな職業です。
特に企業を相手にしている税理士の場合は評価が重要になります。

税理士の評判は料金で決まるものではありません。
料金ではなく実績です。
実績も依頼を受けただけではなく成功した数です。
税理士に依頼してもちゃんとした作業をしてくれないと困ります。
間違った事をされたら会社としては非常に困ります。
税理が間違った決算をしたとしても責任は会社が背負わないといけません。
会社内にいる税理士ではないのに会社が責任を背負う事になります。
それだけに間違った決算書を作成したら会社としては大変な事態に陥りかねません。
質の悪い税理士に依頼したのは自分ですからね。
税理士に依頼したら税務の事は任せっきりというのは良くないです。
出来る所はチェックをして行って問題のない書類を作成してもらうのが大切です。

評判は税理士にもあります はコメントを受け付けていません。
Categories: その他

車検はいつから受けてOK? 2019年1月2日

車検は有効期限がありますよね?
では車検の有効期限は何を見ればわかるのでしょうか?
一番確実なのは「車検証を見る」ことです。
車検の有効期間を調べる際にフロントガラスのシールを見る人も多いかもしれませんが、フロントガラスのシールに書いてあるのは「車検が満了する日」なのでその日までに車検を済ませないといけません。
車検シールは車検証を車に乗せておくことと一緒で法律によって義務付けられています。
そのため、車検シールを貼っていないと罰金(50万円以下の罰金)が科されることがあるそうです。
なので車検はきちんとした手順で正しく行わなければ大変なことになってしまうんですね。
さて、車検は「いつまでに」というのは車検証を見ればわかりますが、実際にはいつから受けられるのでしょうか?
車検は満了日までに受けなければいけませんが、逆に車検はその前であればいつでも受けていいようです。
ただ、「車検の満了日1か月前くらい」が一般的のようです。
車検は少なからずお金がかかるので期間はもちろん、どこで受けるかなど計画立てて受けられるといいですね。

車検はいつから受けてOK? はコメントを受け付けていません。
Categories: その他